借金で事業を始めるリスク

飲食店などの事業を始めることを夢見る人は多いですが、経験のある自分としては、借金について甘く考えないほうがよいとアドバイスしたいです。割と事業を始める際にお金を貸してくれるところは多くあります。銀行だと審査が厳しいものの、貸金業者であれば比較的審査に通りやすいため、今すぐ開業するハードルはわりと低いといえます。しかし、貸金業者のビジネスローンには落とし穴があります。金利が馬鹿みたいに高いことです。

 

一般的なキャッシングやフリーローンのような感覚で借りると失敗します。事業に使うお金ですから、かなり高額の資金が必要になります。借りた金額が大きいほど、返済までに時間がかかり、馬鹿みたいに高い金利のせいで返済額が恐ろしく高くなるんです。

 

事業を開始してすぐに収入を得られるほど繁盛すれば良いものの、大抵の場合で成功するまで時間がかかります。収入がほとんどない状態で借金返済と賃料の支払い、生活資金の確保などができるのか、よく考えてください。自分は結局失敗しました。

 

しかし、問題が深刻になる前に債務整理を行ったので、借金問題を早めに解決できましたが、これから事業を始める人なら、借金を返せなくなった時のことを想定してチャレンジしてもらいたいです。

 

事業資金を借金に頼りすぎない

消費者金融からビジネスローンという商品が提供されています。ネット申し込みができるなど、今の時代は事業資金の調達がとても簡単になったといえますが、自分はビジネスローンにできるだけ頼らない方法を選びました。

 

借金無しで始めたというわけではないものの、借りたのはほんの僅かです。少ない金額であったのが良かったのか、審査はそれほど厳しくなかったような気がします。なぜ、あまりお金を借りなかったのかというと、必ずしも事業が成功するとは限らないからです。

 

会社に勤めるなら、その会社が倒産でもしなければ給料がもらえます。給料が少ないという人もいるでしょうが、事業を行っている人から見れば、働いてさえいれば毎月給料が入ってくるのはすごいことなんです。事業だと徹夜して頑張っても、収入がゼロのことだって当たり前のようにあります。

 

会社員として働いていた人が軽い気持ちで事業を開始すると、この問題に直面して痛い目を見るはずです。自分はこれが怖かったので、借金は出来る限りせず、とにかくお金を貯めることに専念してから開業しました。事業を始めると、1年以上はやはり上手く行かず収入も少なめでしたが、借金があまりないおかげで継続でき、今では成功したと思えるレベルまで事業が成長しました。

 

新規事業を開始しました

私は、昨年もともと勤めていた会社を退職し、新たに新事業を開始しました。自分で会社を起業し、これまで提供されていなかったサービスを模索して、営業活動を行なっています。インターネットの活用には、まだまだ可能性があると考え、IT関連のソフトサービスを提供するべく営業活動を展開しています。

 

新規会社を起業するにあたり、様々な手続きが必要になりました。私が最も苦労したと振り返るのが、会社の定款作成をして、公証役場にて認証をもらい、法務局に登記をする公的な一連の手続きでした。まだ会社の全貌についてきちんと確定していなかった段階でしたので、どのように書類を作っていったらよいか、また、具体的な手続き方法はどんなものか、分からない状態でした。

 

そこで行政書士事務所を訪ね、アドバイスをもらうことにしました。私が利用した行政書士事務所は、近隣の中でも最も評判がよく、親身になって対応してくれると評判が良かったので、利用することにしました。具体的な手続き方法について分かり易く解説してくれたことはもちろんのこと、一般的に定款に記載するべき項目や、法務局へ手続きをする際の注意点など、実践的な内容でアドバイスをしてもらうことができました。

お役立ちサイト

  • 銀行系カードローン特集

    銀行系カードローンの特徴、審査の厳しさ、メリットやデメリット、実際に借りてみた体験談など。

  •  

  • プロミス学生ナビ

    学生でも借りられるプロミスの紹介、親にバレない方法や在籍確認の注意点など。