銀行から個人で借入するならキャッシング枠も活用しよう

キャッシング枠を利用して借入(女性/30代)

私が利用したのは銀行に口座開設をした時に申し込んだキャッシング枠でした。口座の自動融資にも使えるということでしたが、キャッシングとして現金で引き出すこともできるということでした。自動融資で使われることもなくただ放置されている状態だったので、少し高い冷蔵庫を購入するときにキャッシングを使ってみることにしました。

貯金で購入することもできましたが、いざ万が一の時にどのように利用すればよいのかわからないというのも怖いと思ったので、余裕のあるうちに経験してみようと思ったのも要因でした。実際、銀行に行かなくてもコンビニでカードを入れただけで借り入れができてしまい、そのまま電気屋で買い物ができました。

約15万円の買い物でしたが、あれほどの金額を一回で引き出して、その日のうちに自宅まで冷蔵庫が届くとは思っていませんでした。当然家族にも冷蔵庫のことはわかってしまいましたが、借金を頼ったことは黙っていました。私自身も働いていたので、その分の貯金から買ったことにしました。その後、どのように返済していくのかを調べてみると毎月5千円の支払いをしていくだけでよいという内容でした。

金利も合わせて計算すると15万円が18万円くらいになってしまうようだったので、余裕のあった貯金ですぐに支払ってしまいました。信用情報などに利用した情報が残るということでしたが、よほどのことがない限り家族にばれることも内容だったので、そのままにしています。キャッシング履歴についても特に残っていないようで、口座にログインしたり、暗証番号を知られない限りはばれることもないでしょう。キャッシュカードでも利用できるキャッシング枠は意外と安全に利用できるので、もし登録しているならば家族にもばれにくいキャッシングとしてかなり便利なはずです。

銀行でも頼れるキャッシング枠

現金引き出しもできる

銀行の口座についているキャッシング枠もお金を借りるためには有効活用できるサービスです。特に、口座開設時に同時に審査が入るのであまり周囲に見つかることもなく、堂々と郵送書類を受け取ることもできます。キャッシング枠は口座の残高不足に対応して自動融資をしてくれたり、現金として引き出したりして活用できます。

その銀行から提供されている一般的なキャッシングと仕組みや中身は変わらないので、そこまで審査に差が出るわけでもないですが、やはりばれにくさや申し込みのお手軽さは非常に安心できるポイントです。限度額も30万円くらいのものが一般的で、一つ借金をするための裏技のようなものなので、利用するチャンスがあれば試してみるのもよさそうです。

自動融資でも頼りにできる

口座についているキャッシングは無理に借り入れをしなくてもよく、本当に万が一のためにとっておいて自動融資を活用するのもよいでしょう。この場合、公共料金の支払いや携帯料金音支払いまでも遅れて借り入れも支払いもできなくなってしまうというトラブルは避けられ、さらに、銀行側でも自動融資のサービスとしての扱いになるので、あまり信用情報にも悪影響がありません。

自動融資はそこまで負担も大きくならないので、支払いが大変な時やお金の都合がつけられない時にはしっかりと頼りましょう。支払いができなくて借金をするのではなく、自動融資も覚えておいてどうしようもない時に頼るようにするとよいです。

口座開設後にも追加できる

この口座への自動融資のキャッシングは、口座開設をした後でも利用できます。もちろん申し込みや審査が必要になりますが、限度額は30万円ほどなのであまり大きな心配もせずに利用することができます。口座開設後に申し込む場合は、ネットバンキングを活用したり、直接銀行員に訪ねればしっかり手続きできます。

書類の用意が必要になる場合もありますが、事前に銀行員に確認すればしっかり教えてもらえます。ネットバンキングからでも申し込みできるので、負担は大幅に減らせるでしょう。いちいち銀行まで行かなくても審査までできれば忙しい時であっても利用できます。銀行で利用できるキャッシング枠も十分頼りにできるので、お金が必要になったときにはしっかり思い出してみてください。