返済まで計画が立っていると借り入れしやすい銀行の事業融資

駅前銀行でできた事業融資とその返済(男性40代)

どこの銀行でも事業融資のサービスは提供していますが、特に駅前にあるような大きな銀行ではサービス内容にも差があるように思えてしまいます。私はそんな感覚もありましたが、思い切って立地の良い銀行に融資の依頼に訪れてみたところ、意外にもすんなりと受け入れてもらえました

担当者に聞いた所、立地が良すぎてあまりローンを組みに来てくれる方がいないということを話していました。私が事業をしている場所がかなり田舎だったこともあり、銀行のサービスでいうノルマがあまり達成できていなかったこともあるようでした。融資を受ける時にはそういった銀行の事情も考えられれば、こちら側に有利に働くこともあるようなので工夫してみると良いでしょう

本来はそうした情報は外部には漏らされてはいけないものですが、田舎だったこともあり、日頃から付き合いがあったためにそんな話にもなりました。返済についてはしっかりと契約を守り、甘える事もなく、しっかりと進めていきました。早めに返済もしたので、金利も最小限に抑えることができました。

毎月の約定返済以外にも返済を進められる契約だったので、会社の利益が十分に出た時には社員にもサービスしつつ会社の負担になるものを減らしていきました。返済は早めに進めないといけないことは理解していたので、毎月計画的に返済することもできました。担当者は返済中も変わることがなかったので、しっかり金利の相談や早期返済の相談もできました。

銀行ごとに審査に差が出る場合がある

地方の銀行は審査は通過しやすい

多額の融資を受けるわけではない場合、大手の銀行よりは地方銀行、さらに消費者金融の事業融資の方が借り入れできる可能性が高まります。審査がゆるいわけではなく、適材適所と言われるようなもので、500万円ほどの借り入れであればそこまで大きな負担にならないため、地方銀行のほうが融資してくれるでしょう。

大企業のような大規模な資金が必要な場合には大手の銀行が活躍しますが、中小企業向けの事業融資は地方銀行の方が頼りにできます。個人事業者は、地方銀行や消費者金融の事業融資を利用したほうがより安心して活用できるでしょう。

金額重視ならば全国規模の銀行を頼ろう

事業規模が大きく、借り入れる金額が大きい場合には大手の銀行を頼って借り入れましょう。審査も大変で、借り入れてから返済が終わるまでに気を抜くことも難しいですが、それだけ会社が成長するチャンスが得られます。地道な努力を続けて利益を上げていけば失敗する可能性は減らせるでしょう。

全国規模の銀行は貸し出せる金額も多く、所有している資金も大きいので融資の相談も大企業向けのサービスになります。利益を上げるにも融資額がある程度大きくないといけないので、大手銀行を頼る必要がある場合には、会社の過去の融資の状態も確認しながら安全かつ確実に融資が受けられるように調整をしておきましょう。

返済のリスクを最小限にすべし

事業融資のリスクは非常に大きく、借り入れる金額が大きければそれだけ負担が増してしまいます。少しでもリスク軽減をするには返済の余裕が十分にあるか、担保が充分にある必要があります。会社が危険な状態になるようなリスクは最小限に抑えて、安全に借り入れと返済ができるようにしていきましょう。

特に、長期的に借り入れをする場合にはそれだけ掛かる負担も大きくなるので、事業計画も一度見なおさないと危険です。会計の情報も時間の流れとともに変化するので新たに支出が増えそうなタイミングは避けて、収入が十分確保できる時に融資を受けておくと良いでしょう。融資のタイミングにも注意して事業融資を活用していきましょう。

融資に詳しい人物や人材を登用しておくことも大切なので、人材確保を早めに進めておくことも非常に重要です。会社の内外で少しずつ情報をまとめて、安全な融資になるように対策を立てておくと良いです。